いびき・睡眠時無呼吸症候群

“眠りの質”をご存知ですか?・・・良い眠りと悪い眠り

よく眠れた朝は、目覚めが良く頭がすっきりしていませんか?これが良い眠りであり頭がシャキッとした状態で、集中して効率良く仕事や勉強ができます。一方、悪い眠りではどれだけ眠っても目覚めたあと体がだるくすっきりしない、眠った感じがしないといったように感じます。これらが続くと体力を低下させ、様々な病気を引き起こしやすくなるといわれています。

大阪府 堺市 耳鼻科 耳鼻咽喉科 しまだ耳鼻咽喉科 いびき 睡眠時無呼吸症候群

長い間寝たとしても睡眠の質が悪いものであれば、

寝たことにはならない。



睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome : SAS)は睡眠中に10秒以上の無呼吸や浅い呼吸が1時間あたり平均5回以上ある病気です。


原因

睡眠時無呼吸は、鼻からのどにかけての通り道、すなわち鼻腔および咽頭が閉塞することにより起こります(図 右側)。軽度であればいびきのみ、重度であれば、呼吸が数秒間止まってしまいます。閉塞の原因は首回りの脂肪、扁桃腺が大きい、アデノイド肥大、舌がのどに落ち込む、鼻がつまっているなどがあげられます。しかし、日本人は顎(あご)が小さいので、のどがふさがれやすく、やせている人でもSASである方もおられます。したがってSASの患者さんが必ずしも太っているというわけではありません。

いびき 睡眠時無呼吸症候群 しまだ 耳鼻咽喉科 大阪府 堺市


症状

いびき、日中の眠気やだるさ、起床時の頭痛、昼間すぐにうとうと居眠りをする、といったものがありますが、いびきのひどい方で見つかることが多くあります。

睡眠時無呼吸症候群は

いわば“首をしめられて眠っている状態”です。



なぜ問題なのか

SASの患者さんは、多くが高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を合併しています。SASによりこれらの生活習慣病が増悪されている場合もあります。またSASの人はSASでない人と比べて心筋梗塞や脳卒中、交通事故、高血圧、糖尿病、仕事・学業の能率低下を引き起こしやすいといわれています。


当院の診断と治療

当院では受診にてSASが疑われた場合、まず簡易検査を患者さんのご自宅で行います。この結果、明らかなSASと診断された場合、経鼻持続陽圧呼吸装置(CPAP)をご自宅で装用していただくように手配いたします。またはっきりとしたSASとはいえない結果が出た場合は、相談の上でより精密な検査(full PSG)をご自宅で実施するよう再度手配いたします。この精密な検査(full PSG)を実施する場合は、検査機器の装着と使用方法の説明に直接ご自宅に伺います(入院する必要はありません)。翌朝、業者が検査機器を回収いたします。

SASの診断が確定しご自宅でCPAPを装用開始したのちは毎月当院を受診していただき、装用状況をチェックし、器械動作に関する質問を受けます。さらにCPAPに内蔵されている動作記録チップを定期的に郵送していただき、装用状況(無呼吸指数やマスク圧、装用日数)に関してきめ細やかな指導を行います。

SASの患者さんはCPAP装用を継続していくことが重要ですので、装用に関する説明を随時行っていきます。CPAPを継続してくことができれば、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病、高血圧になるリスクが軽減されるばかりか、糖尿病や高血圧の病気自体が改善していく症例もあります。CPAPを継続していくことが何よりも大切です。

CPAP療法は根治療法ではありません。

CPAP療法は、毎日使用することによって効果を維持することができます。

中止するとSASにもどってしまいます。


主な検査・設備

▶ 簡易PSG:簡易ポリソムノグラフィー

いびきや無呼吸が一晩のうちにどれだけ起こっているかを調べる器械です。指先と鼻下にセンサーを取り付け、一晩就寝している間記録をとります。これにより就寝中のいびきの程度、無呼吸の程度、体の向き、呼吸状態(体内に取り込んでいる酸素の量)がわかります。


▶ full PSG:フル・ポリソムノグラフィー

簡易PSGよりもさらに精密にいびきや無呼吸を調べる器械で、いびき・無呼吸に加えて、脳波、胸の動き、足の動きをより精密に記録できます。呼吸状態だけでなく、脳波から睡眠中の脳の活動状態がわかり、眠りの質を評価することができます。簡易PSGでとらえきれなかったSASが見つかることもあります。通常一般には一泊入院で行う検査ですが、当院では自宅で施行可能で、宿泊費などがかかりません。

大阪府 堺市 耳鼻科 耳鼻咽喉科 しまだ耳鼻咽喉科 いびき 睡眠時無呼吸症候群


▶ 経鼻持続陽圧呼吸装置(CPAP)

鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、ある一定の圧力をのどにかける方法です。CPAPを使うとその風圧により、のどの中にスペースが確保され、やわらかい組織を強制的に押し開きます。すると患者さんは鼻でスムースに呼吸をすることが出来るようになります。

大阪府 堺市 耳鼻科 耳鼻咽喉科 しまだ耳鼻咽喉科 いびき 睡眠時無呼吸症候群